馬券は儲けるために買うもの!

投資競馬は本当に儲かるのか?


天皇賞

 

 昔から「競馬をやって家を建てた人をいない」というようなことがあります。これは競馬なんてやっても損するだけで、競馬で一攫千金を狙ってみても逆に有り金なくしてしまうのが関の山というように馬券を買っている人を馬鹿にした言い方です。

 

 たしかに競馬で儲けてそう簡単に家を建てられる訳はありません。
 競馬は当てづらいように、いろんな工夫がされています。

 たとえば競馬場ごとに広さを替えてみたり、坂を入れてみたり、右回りのコース・左回りのコースと会場によって違います。

 またハンデ戦は、公平を期することを名目に、実績のある強い馬を勝たせにくくするために、強い馬の背負う斤量を増やすというハンデをつけることによって実力差をなくす工夫をしています。

 

 しかしながら、競馬は結局過去の統計を元に再現性が十分認められれば予想として役立つことになります。

 

 たとえば毎年、1番人気の馬が1着に入る確率は30%程度と変わりません。
 だから、1番人気の負けがつづいている場合は、「そろそろ1番人気が勝つ頃」という予想が成り立つという訳です。

 

 コンピュータが利用できるようになって、こういう予想がかなり科学的に検証可能となりでき、さらに予想の予想の精度もあがるようになりました。
 競馬の醍醐味は人気のない(オッズが高い)が好走する可能性が高い馬をいかにみつけるかということ。

 

 競馬新聞で評価の高い馬は人気になることが多いので、それ以外で好走しそうな馬をみつけることができればおいしいのです。


無料予想を上手に利用しよう!

 

 競馬予想会社でも無料の予想をしているところがあります。しかし、競馬予想会社は別の名前でも実は同じ会社が名前を変えて予想をしている場合もあるので、気をつけないといけません。
 しかも、そういう予想会社はメールが異常に多く迷惑だったり、有料予想情報を買うよう勧誘電話までかけて来るようなところもあるので、気をつけなければなりません。
 私のおすすめは、現役東大生が予想を提供している「現役東大生の馬券マネジメント講座」という予想サイトです。
テレビでも何度か紹介されたことがあるので、ご覧になったかたもいらっしゃると思います。



 ここは独自の科学的な計算方法で馬の能力指数を計算しているので、かなりの確率で予想が的中しています。

 

たとえば

2012年10月第3週は

10月20日(土)
 新潟04R 馬連4,270円(馬単8,510円/◎→△)
 新潟04R 三連複3,290円(三連単25,820円/◎→△→○) 
 新潟09R 馬連9,370円(馬単22,030円/△→○)
 新潟09R 三連複26,780円(三連単181,790円/△→○→◎)
 京都12R 三連複4,250円(三連単25,990円/△→▲→○)


10月21日(日)
 東京06R 馬連3,030円(馬単7,590円/◎→○)
 東京06R 三連複5,230円(三連単40,720円/◎→○→△)
 京都07R 馬連2,770円(馬単4,420円/△→○)
 京都10R 三連複3,660円(三連単16,990円/▲→◎→×)
 東京11R 三連複2,950円(三連単10,860円/▲→◎→○)
 東京12R 馬連3,010円(馬単5,090円/◎→△)

2012年11月第1週は

11月3日(土)
 京都06R 三連複3,280円(三連単17,780円/▲→△→○)
 京都07R 馬連3,630円(馬単7,760円/◎→△)
 京都10R 三連複3,160円(三連単22,180円/×→◎→○) 

11月4日(日)
 福島04R 馬連6,920円(馬単10,480円/◎→△)
 福島04R 三連複17,480円(三連単105,640円/◎→△→▲) 
 福島05R 三連複11,740円(三連単41,560円/○→◎→×)
 福島09R 馬連7,690円(馬単14,690円/◎→○)
 福島11R 馬連11,330円(馬単35,330円/△→◎)
 東京12R 馬連11,080円(馬単17,090円/△→×)

と無料と馬鹿にできない成績を毎週のように出しています。

 

 無料会員でも時々、アンケートに答えると有料のGI予想を無料で提供してくれるなどの特典もあり、登録して損はない無料予想情報です。

 個人的なおすすめは荒れる予想の新馬戦の馬連とワイドです。新馬は過去レースのデータがないので荒れ易いのですが、それを結構高配当をポコポコ当ててくれます。


TOP JRA予想商材 地方競馬予想 競輪ソフト サイトマップ